ウサギの体の特徴 運動能力をご紹介 - ウサギと楽しく仲良し生活~はじめてのウサギの飼い方~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギの体の特徴 運動能力をご紹介

こんちわ!



うさぎがどうしても大好き、うさみです(゚∇^*) テヘ♪



今回は『ウサギの体の特徴』
についてご紹介します。




以前の記事で
、うさぎの五感がとても優秀だっていうお話を
しましたよね。



実はうさちゃんは、五感だけでなく
身体能力もとても優秀なんですよ。



もう、一流アスリート並みですね(*^-^)



では、そのアスリート顔負けの
能力をご紹介しますね。



【うさぎの体】

■お口

ウサギのお口って逆向きのY字型になってますよね。
あの形は、うさちゃんが牧草を食べやすい形なんです。
そして、餌を噛むときはあごを自由自在に
動かして食べるんです。ほんとに器用ですよ。


■耳

あの大きな耳は、聴覚がすぐれている象徴でも
あるんですけど、実は他にも役割があるんです。
それは、体温調節です。

あの大きな表面積の耳があるので、
あついときには、熱を放出し、
体温の調整ができるんです。すごいですよね。


■前足

うさぎは器用に前足を使えます。
なんと前足を使って、穴もほるんですよ。


■後ろ足

うさぎのすごいジャンプ力を支える、
力の源です。実は筋肉もすごい発達してます。
ウサギがぴょんぴょん跳ねられるのは、
この後ろ足のおかげなんです。



はい、ここまでで『ウサギの体の特徴』
お話はおしまいです。



最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございました。



この記事があなたの参考になれば、とてもうれしいです(*^▽^*)o♪

記事がお役に立てば、うさみのブログの応援をお願いします♪
人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。